年長組さんが興味を持って深めてきた海への関心を、もっと高めたいと思い考え、実物大の「シロナガスクジラ」を制作するというスケールの大きなワークショップを行いました。全園児、保護者の皆さま、教職員が一丸となって取り組み、素晴らしい作品が完成しました!まずは芝生運動場で行ったペイント作業の様子をお伝えします。

 

設計図を準備し、色を塗っていきます!

pic_kujira1pic_kujira2pic_kujira3

 

 

 

 

実物大の作品にするため、シロナガスクジラのイラストをコマ割りし、どうやって色を塗っていくか考えました。
その後、その設計図をホワイトボードに張り出し、園児たちと保護者の皆さまとで色塗り作戦開始!
白い布のキャンバスに、鮮やかで優しい色合いの青色ペンキを、ローラーやハケを使って丁寧に塗っていきます。

おとうさんおかあさんも大活躍!塗り終えたあとはみんなで大移動!

pic_kujira4pic_kujira5pic_kujira6

 

 

 

 

保護者の方々にもお願いをして一緒に色塗りに参加して頂きました。
園児たちの頑張りに負けないくらいおとうさんおかあさんも一生懸命色を塗って頂きました。
大きな布を塗りつぶすのって本当に大変!
やっとできあがり、ペンキを乾燥させるため大移動!

快晴の空、きれいな青いペンキ、たくさんの道具たち

pic_kujira7pic_kujira8pic_kujira9

 

 

 

 

布一面にシロナガスクジラの優しい青色を塗りました。
それをみんなでていねいに運んで、ペンキを乾燥させます。
赤いコーンは、ペンキ塗りたて!の意味。
こんなにたくさんの道具を使っていたんだなとあらためてビックリ!